PC修理・データ復旧ならPC Fixs

通話料無料0120-185-090
PC Fixs店舗一覧
お問い合わせ・ご相談
作業レポート

ThinkPad E14 Gen 2 BIOS(UEFI)/EC修理

カテゴリ:Windows, マザーボード pcfixs_f.iino2024/02/21

ThinkPad E14 Gen2 (20TA001LJP)のBIOS/EC修理事例です。

お客様のご申告によるとBIOS更新に失敗して、起動しなくなったとのことです。

こういった場合、BIOSが書き込まれているFlashチップの内部の、書き換えが失敗したであろう領域をターゲットにし、修復を行います。

今回のケースでも同様に、問題発生しているはずの領域を書き換えましたがうまくいきません。

修復範囲を広げて何度かリトライしましたが、やはり同様です。

BIOSの修復技術には自信がありますので、これだけ試して治らない場合は「BIOSが壊れているわけ(だけ)ではない」可能性が高いです。

次に疑うべきはEC(embedded controller)というICチップ内のFlashになります。

ECとは何か?というと、以前はI/Oコントローラや、SuperI/Oなどと呼ばれていたマイコンチップです。

現在は機能が増え様々なタスクを担っているので、BIOSと同じく非常に重要です。EC内のプログラムが破損するとPCは起動することができなくなります。

さらに興味がある方はWikiをご確認ください。

ECの書き換えは、BIOSのFlashのように決まった形状をしておらず、BGAであるため端子が表に露出していないので、簡単にアクセスして書き換えることができません。

そんな中、ECにアクセスする手法はいくつかありますが、今回はキーボードコネクタからアクセスし修復を行いました。

IMG_5556

この写真では、キーボードコネクタの写真と、そこから伸びるフラットケーブルが確認できます。

フラットケーブルの反対側は専用のプログラマーが接続されています。キーボードコネクタから先は基板内を通ってECに接続されています。この状態で、正しいECを書き込む準備ができました。

さて、ECを書き換えたところ、画面が表示されました。やりました。

IMG_5555 2

しかし、何かがおかしいです。

Invalid RFID Configuration 〜とかInvalid RFID Serializationなど、おそらく型番やシリアルなどの情報が正しくないとエラーが出ています。

さらにその下はBAD SVPとのエラーも。これはSuperVisor Passwordの略と思われます。

これらは各端末ごとに固有の情報ですので、オリジナルの破損したECから、移植する必要があったようです。

もう一度ECのDumpを見直して、該当すると思われる箇所を発見。

Untitled

このスクリーンショットはその内の一部です。※シリアルなどの固有情報を含んでいるので一部赤線で消しました。

では、これらを移植して書き換えると、今度はエラー表示なく起動するようになりました。

想定通りですが、実際に画面が表示されるとホッとします。

IMG_5558

さて、この段階で問題箇所はBIOSではなくECだけだった可能性も頭をよぎります。

破損していない部分に関しては、極力オリジナルの状態を維持したいので、BIOSはバックアップしていたオリジナルのものに書き戻します。

その結果、またPCは起動しなくなってしまいました。

ということは、今回はBIOSが破損し、さらにECも破損していたという結論になります。

もう一度、修復したBIOSを書き込み、これでようやく正常起動するようになりました。(BIOSの修復は序盤に何度かリトライしましたが、一番最初に作ったオリジナルに一番近い最低限の変更のみ加えたものを書き込みます)

あとは各種動作確認をして完了です。

BIOS/ECの修復は、物理的にアクセスして書き換える手段(ツール)を持っていること、正しく修復する為の知識が必要になります。

これらの知識は各修理業者独学ですので、修理できるかどうかの成否は業者ごとにまちまちです。(そもそも対応している業者自体少ないです)

また、BIOS修復(修理)というと簡単な作業にも思われてしまうことが多いのですが、このように試行錯誤を繰り返しますので実際はかなり大変です。

BIOS修復=マザーボード修理ですし、マザーボードの回路修復とはまた違った難しさがあります。

やり方が間違っていると、中途半端に問題を抱えた状態にしか治らないので、極力オリジナルの構成要素を維持して、正しく再構築する必要があります。

お読みいただいて、お気付きかもしれませんが「かも」とか「おそらく」という仮定だらけ、手探りの状態で作業を進めています。

パソコンのモデルは膨大な種類がありますし、初めて対処するモデルだらけ、壊れ方も様々です。

どうしても各モデルについて100%理解した上で修理に臨むことは不可能です。今回のケースも、初めて対応するものでした。初めてのケースでも仮定や憶測で作業を進めて正しい答えに辿り着けるのは、基本的な知識があることはもちろんですが、長年膨大な時間をかけて試行錯誤した豊富な経験・成功実績があるからです。

BIOS/ECの修復作業に関しては、弊社では豊富な修理実績があるため、相応の自信がございます。

BIOS更新に失敗してしまった際は、ぜひご相談ください。マザーボードごと交換せずに治せる可能性はまだ残っていることが多いです。

まずはお気軽にお悩みやご相談をお問合せください
無料相談・お問合せ
データ復旧に関するご相談・お見積りご依頼はコチラ
データ復旧に関する無料相談・お問合せ

パソコン修理・データ復旧は持込・宅配・出張にて行います!

パソコン宅配郵送修理・データ復旧依頼フォーム
マザーボード・ロジックボード修理対応します
パソコン・外付けHDD・NASサーバーのデータ復旧・救出特設ページへ
パソコン修理・データ復旧お客様の声
悪質悪徳詐欺まがいのパソコン修理・データ復旧業者にご注意下さい
PCトラブル・修理・復旧等パソコンの事ならなんでもお任せ
無料お問合せはこちら
査定のお申込
法人のお客様 法人のお客様からのお問合せも承ります。完全秘密厳守ですので、お気軽にご相談ください。
クレジットカードご利用可能
PayPayご利用可能
パソコン修理・データ復旧のPC Fixs公式インスタグラムパソコン修理・データ復旧のPC Fixs公式Twitterパソコン修理・データ復旧のPC Fixs公式Facebook
秋葉原店
〒101-0021
東京都千代田区外神田4-13-6
秋葉原STビル6F
・JR 秋葉原駅 電気街口徒歩5分
・東京メトロ日比谷線3番出口徒歩6分
・エクスプレス A1出口徒歩6分

新宿高田馬場店
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-5
第一いさみやビル8F
東京メトロ東西線 高田馬場駅
6番出口徒歩1分

記事絞り込み検索

症状別修理レポート





PC Fixsエンジニア募集 データ復旧技術研究会に所属しています

パソコンのトラブル解決ならPC-fixs【ピーシーフィックス】 > 作業レポート

Call:0120185090
お問い合わせフォーム